TOPへ > 栄養士資格取得方法 > 栄養士資格取得するには

栄養士資格取得するには

栄養士資格とは、あなたが栄養士として仕事をする場合、国家資格を取得する必要があります。

国家資格は、国または国が指定した機関が法律に基ずき認定する資格で、社会的信頼度が非常に高い資格です。

栄養士の資格を取得するには、1985年の法改正で厚生労働省が指定している栄養士養成施設の卒業者だけとなっています。

栄養士養成施設とは、決められた科目と単位、必要な技術と知識を身につけるために大学や専門学校などがあり、独学で栄養士免許は取得できません。

栄養士資格

栄養士資格取得の簡単な流れは、高校卒業後、厚生労働大臣の指定した栄養士・管理栄養士の養成施設に入学します。

養成施設にはいろいろありますが、2年制の専門学校または2年制の短大、3年制の専門学校または3年制の短大、4年制の専門学校または4年制の大学、4年制の管理栄養士養成施設などがあります。

養成施設で2年以上栄養士になるために欠かせない技能及び知識を学び卒業に必要な単位をとって卒業しなければいけません。

栄養士養成課程を卒業後、各自各都道府県に申請し、都道府県知事より栄養士の登録・免許交付を受けて実務がスタートしていきます。

これで名実ともにあなたが目指した『栄養士』になれるのです。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士