TOPへ > 管理栄養士資格と栄養士資格 > 管理栄養士・栄養士の必置施設

管理栄養士・栄養士の必置施設

管理栄養士・栄養士の必置施設とは、さまざまな法令により特定の施設では、栄養士・管理栄養士の必要な人数の配置が法律で義務付けられているか、配置の義務努力が課せられています。

栄養士においては、集団給食施設において1回100食以上、または1日250食以上の食事を供給する施設には、栄養士を置くように努めなければなりません。

また、市町村による生活習慣の改善などに関する栄養相談、集団給食施設での栄養管理・栄養指導は、栄養士の資格の有する者となっています。

管理栄養士においては、都道府県、保健所を設置する市・特別区での専門的な栄養指導、集団給食施設での栄養管理・栄養指導、病院や老人保健施設などにおいては、個人に合わせた専門的な栄養管理・栄養指導は、管理栄養士の資格の有する者となっています。

また、集団給食施設においては
1回300食以上、または1日750食以上の食事を供給するには、管理栄養士を置くように努めなければなりません。

医学的な食事管理を必要とするものに1回300食以上、または1日750食以上の食事を供給する集団施設や、1回500食以上、または1日1500食以上の食事を供給する集団施設には、管理栄養士を置かなければいけません。

管理栄養士と栄養士では、集団給食施設の給食数の規模によっても違います。

栄養士資格

栄養士は給食管理業務が中心ですが、管理栄養士は医療職等の立場に立った、栄養状態の評価・判定、栄養診断に基づく栄養管理、対象者の栄養スクリーニング、より専門性の高い栄養指導・病態栄養指導などが、業務として求められています。

管理栄養士は、全体的な業務の調整や他の分野との調整、そして特に高度の専門知識を必要とする業務を行うことで、業務の実績や効果を医学的見地や栄養学から、科学的に判定するとともに統計的に処理するなど、後の事業の企画に役立てられるようにまとめることも、管理栄養士の業務です。

また日頃から関連機関や関連業務との連絡を円滑にさせること、労務管理や経営管理などの基本方針の決定に、栄養指導の立場から関わること、栄養に関する教育研究を行うこと、栄養教育などの難しい栄養指導・栄養管理業務を行うことなどが、管理栄養士としての業務になります。

栄養士と管理栄養士では、仕事の内容や求められる内容等も変わってきます。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士