TOPへ > 管理栄養士資格と栄養士資格 > 管理栄養士と栄養士の仕事の違い

管理栄養士と栄養士の仕事の違い

管理栄養士と栄養士の仕事の違いは、みなさん知りたいところだと思います。
何が違うのか見てみましょう。

栄養士の定義と管理栄養士の定義にも違いがあります。

☆栄養士の定義
栄養士の定義とは、都道府県知事の免許を受け、栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事する者。

☆管理栄養士の定義
管理栄養士の定義とは、厚生労働大臣の免許を受け、管理栄養士の名称を用いて
・傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導
・個人の身体の状況・栄養状態に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進の
 ための栄養の指導
・特定多数に人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況・栄養状態・
 利用の状況などに応じた、特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養
 改善上必要な指導等を行うことを業する者。

栄養士資格

また管理栄養士資格と栄養士資格の違いを見てみると、管理栄養士は、栄養士よりもワンランク上の国家試験で、栄養士に比べてより高度な専門知識と技術が必要とされます。

栄養士の仕事は主に現場の業務を担当し、給食管理や一般的な栄養指導及び集団の食事・栄養の管理指導を行います。

それに対し管理栄養士は現場業務のほかにも業務の統括・労務管理等の管理職的な業務も担当するということもでき、管理栄養士は栄養士よりも専門的な技術・知識を必要とする栄養指導及び集団の食事・栄養の管理指導を行います。

他にも業務全体の管理や業務実績の分析・まとめ、関連機関・関連部署との連携、場合によっては栄養士の指導も行ったりする事もあります。

また管理栄養士の仕事は、栄養士よりも専門的な栄養指導・栄養管理を通して、国民の健康の保持増進、傷病者の栄養療法、疾病の予防・治療等にあたるなど、医療・福祉・保健・産業・学校などの広い分野で活躍する専門的な仕事をするのが、管理栄養士の仕事です。

栄養士と管理栄養士とでは、定義や仕事内容、能力も大変違ってきます。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士