TOPへ > 栄養士資格取得できる学校 > 栄養士資格取得できる学校の特徴

栄養士資格取得できる学校の特徴

栄養士資格取得できる学校には栄養士資格養成施設があり、管理栄養士養成施設(4年制)、4年制の大学、3年制の短大・専門学校、2年制の短大・専門学校があり、どの学校を卒業しても栄養士免許を得ることが出来ます。

栄養士資格養成施設には、それぞれの特徴がありますので、簡単に説明しています。

☆ 管理栄養士養成施設(4年制) ☆
栄養指導、栄養管理もより高度化・専門化の方向にあり、栄養指導・栄養管理の専門職としての資質を高めるのにはよいでしょう。

☆ 大学(4年制) ☆
栄養士となるための専門科目は専門学校、短大と同じで、栄養学部、家政学部、農学部などの別に、学部特性に沿った専門科目を履修したり、教育課程を履修し教員を目指すのもよいでしょう。


栄養士資格養成施設


☆ 短大(2・3年制) ☆
栄養士となるための専門科目の他、一般教育科目(社会科学・自然科学・人文科学及びそれらの総合領域)や保健体育科目などを履修し、教養も幅広く身につくでしょう。

☆ 専門学校(2・3・4年制) ☆
短大と違い、栄養士になるための専門科目をより深く履修します。
実習系の授業が充実しているところが多いのですが、4年制の中には管理栄養士養成施設もあります。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士