TOPへ > 栄養士資格取得できる学校 > 専門学校・短期大学・大学の就職先

専門学校・短期大学・大学の就職先

栄養士を目指している人にとっては、専門学校・短期大学・大学、卒業後の就職率はとても気になるところです。

少子化により卒業生は減少していますが、栄養士として就業している人は、毎年増加しているといわれています。

専門学校・短期大学・大学、卒業後の就職率はどの業種が多いのか見てみましょう。

☆専門学校の栄養士課程    
専門学校からの栄養士業務への就職率はダントツで高くなっています。
栄養士業務就職者の就職率内訳は、
①工場・事業所
②病院、
③児童福祉施設、
④社会福祉施設
その他、学校、官公署と続きます。

☆短大の栄養士課程   
短大からの栄養士業務への就職率は、専門学校や大学とくらべていちばん低くなっています。
栄養士業務就職者の就職率内訳は、
①工場・事業所
②病院
③児童福祉施設
④社会福祉施設
その他、学校、官公署となっています。

栄養士資格養成施設

☆大学   
大学の栄養士課程からの栄養士業務への就職率は、栄養士業務以外への就職率のほうが高くなっています。
栄養士業務就職者の就職率内訳は、
①工場・事業所
②病院
③社会福祉施設
④その他
学校、官公署、児童福祉施設の順になっています。


☆管理栄養士課程   
管理栄養士課程からの栄養士業務への就職率は、専門学校からの就職率に次いで2番めに高くなっています。
栄養士業務就職者の就職率内訳は、
①病院
②工場・事業所
③社会福祉施設
④学校
官公署、児童福祉施設の順になっています。

上記のように栄養士資格養成施設卒業者の就職先としては、微妙に違いますがやはり、工場・事業所、病院、児童福祉施設や社会福祉施設などが多いことがよくわかります。

毎年、割合は変動しますので調べておくことも大切です。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士