TOPへ > 栄養士資格取得できる学校 > 栄養士資格取得できる学校選択のポイント

栄養士資格取得できる学校選択のポイント

栄養士資格取得できる学校(栄養士資格養成施設)選択のポイントは色々ありますので、見てみましょう。


栄養学の基礎から実践までじっくり時間をかけて学びたい人は4年制へ、短期間で一般教養を身につけたいという人は短大へ、少しでも早く資格を取って現場へ出たいと考える人は専門学校へ入学するのが適していると思います。


栄養士以外の「食の資格」も得ることが出来るので、養成校を選ぶ場合、将来みなさんが栄養士としてどんな分野で働きたいかを基準に、取得できる資格や、修業年数、講師陣、就職状況などを確認しながら決めましょう。


教職に就きたいのか、学校給食や企業の社員食堂で栄養士として働きたいのか、それとも病院栄養士をめざすのか、また研究機関で研究者になるのかなど自分の将来の方向性を定め、その中から養成施設を選ぶのが適切でしょう。

栄養士資格養成施設


就職先をチェックすることです。実際にその学校を卒業した先輩たちがどんなところへ就職しているのかをチェックしておきたいポイントになります。

これは、その学校に募集がくるかどうかは今までの卒業生たちの実績が大きく関わるからです。

しかし就職先のデータの作成のしかたは、学校により異なるので比較はしにくいのですが、卒業後栄養士の専門知識を活かした職に就く人の割合は全体の3分の1から2分の1程度だというのがわかります。

特に短大の場合、一般事務など栄養学とは直接関連のない職場に就く人も少なくありません。


以上のことも参考に、みなさんが行きたいと思う栄養士資格養成施設を選びましょう

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士