TOPへ > 栄養士資格取得できる学校 > 栄養士資格養成施設の勉強内容

栄養士資格養成施設の勉強内容

栄養士資格養成施設の勉強内容は気になるところです。
どういった事を学ぶのか見てみましょう。

栄養士資格養成施設のカリキュラムには、栄養士法で定められた必修科目があり、必修科目の範囲は、大学・短大・専門学校すべてに共通しています。

各種学校は、この必修科目の範囲に含まれる科目の中から必要なものを自分自身で選び出し、選択科目を加えるなどして個性あるカリキュラムを作り出しているのです。

入学試験科目には、生物や化学といった理系科目が多く、栄養士養成カリキュラムにも理系科目が意外にたくさんあります。

これから各種学校に入学し、栄養士を目指すみなさんが、入学後どんな内容の必修科目があるのか、何について勉強するのか、またどんな内容なのか、人間の体・栄養に関しどういうことを勉強していくのかなど、簡単ですがみなさん参考にして下さい。

栄養士資格

栄養士資格養成施設の必修科目は、6つに分かれています。

1つめは、社会生活と健康です。
医療・福祉などに関する法律や制度を学び、人間の健康と社会や環境とのかかわりについて考えていきます。

2つめは、人体の構造と機能です。
人間のからだのしくみや機能について学び、解剖生理学や生化学などがあります。

3つめは、食品と衛生です。
食品の成分の性質や機能について学びます。
また、細菌や農薬、殺虫剤などの有害物質などについて学び、衛生管理の方法を知ります。

4つめは、栄養と健康です。
乳幼児期から老年期までの間に各時期にはどのような栄養が必要なのか、各栄養素が人間のからだのなかでどんな働きを果たすのかなどを学びます。

5つめは、栄養の指導です。
健康増進や病気予防を目指している人に対し、適切な食事の取り方の指導や、献立の作成のしかたなどの方法を学びます。

6つめは、給食の運営です。
給食管理業務に必要な食事計画や献立作成、栄養・食品管理について学び、大量調理、衛生管理などの技術も身につけていきます。


上記のような栄養士に必要な勉強を、入学すると学んでいきます。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士