TOPへ > 栄養士資格とは > 栄養士資格とは

栄養士資格とは

栄養士資格とは、「食」や「栄養」に関して専門的な知識があり、その知識をもとに人々が健康に生きていくために必要な栄養摂取、望ましい食生活ができように、人々の健康増進や病気の予防、病気の治療に活用する技能をもって人々をサポートする「栄養のスペシャリスト」のことです。

栄養に対する科学的知識をもつ栄養士は、食べものが原因といわれる病気、「生活習慣病」と総称される問題を解決する存在として、大変重要なお仕事です。

栄養士資格の仕事は大きく分けると、「栄養指導」と「給食管理」に分けられます。

「栄養指導」は、病院や保健所などで生活習慣病の治療、予防する為の献立や調理法、また正しい食事法のアドバイスなどがあります。

「給食管理」は、保育園、学校、病院、社員食堂などの献立や調理の指導、食材仕入れなどがあります。

栄養士資格

栄養士資格は「食」の専門家ですので、ただ単に食べるだけでなく、調理することが好きであったり、食べることが人間の健康にどのように影響していくのか、また食べることを楽しめるようにするにはどうしたらよいのか、などということまで興味がもてると一層よいと思われます。

栄養士資格者の就職状況は、毎年全国で約2万人が養成施設を卒業し、栄養士免許を取得していますが、その2万人すべてが栄養士の仕事に就いているわけではなく、栄養士免許を取得しても、それを仕事とはしていない人もたくさんいます。

実際栄養士の仕事に就くのは、2万人の40%ぐらいで、約8000人位です。

また、栄養士関連業務への就職場所を見てみると、事業所・工場への就職が1番多く、次に病院、社会福祉施設、児童福祉施設となっています。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士