TOPへ > 栄養士資格とは > これからの栄養士

これからの栄養士

これからの栄養士は、トータルな視点で健康や生活を考えることが必要となってきています。

人体の生理学や運動、医療にかかわることなど、すべてが幅広く栄養士と携わっているので、これから栄養士をめざそうとしている人も、自分のやりたいことを「食物」とか「調理」など、ひとつの分野に限るよりも、人間の生活全体を見渡す広い視野を持ちながら「食」について考えていくことが重要です。

また栄養士は、国が指定した施設で専門的な知識・技能をみにつけたことを証明する国家資格です。

私たちの生活に欠くことのできない「食」と直接かかわりを持つ仕事ですから、今後も活躍の場は増えることは間違いありません。

現代社会において、人々の健康への関心が高くなってきていますので、「食」をとおしての健康作りをアドバイス・指導する分野の栄養士の仕事は、ますます需要が高まってきます。

高齢化に対応した高齢者向け施設や、在宅訪問栄養指導などの仕事も注目されています。

栄養士資格

そして栄養士は、創造的な企画提案者であることも重要で、かつての日本のように食糧事情が悪く栄養不足が社会的な問題とされていた時代には、栄養や食事の改善が国民全体に必要とされてきましたが、社会全体が豊かになってくると、ひとりひとりの栄養状態や生活状況に応じた栄養指導や食事指導を行う必要が出てきました。

社会全体の平均的な栄養摂取量は、ほぼ理想に近い近づいてきていても、個別に見てみると成人病や肥満などの問題が増えているからこそ、個々の状況に応じた栄養や食事の指導、健康な生活を送るためにはどんな食生活を送ればよいか提案できる能力が必要です。

栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養士

管理栄養士資格養成学校 無料資料詳細はコチラ→管理栄養士

栄養教諭免許状養成学校 無料資料詳細はコチラ→栄養教諭免許状
栄養士資格
栄養士